balancer

時間の存在に気づいた人もえらいが、それを区切った人もえらい。
 
-

ふりかえり - kokokubeta;

この人のエントリは毎度凄すぎる。

(via thresholdnote)

(via thinkupstudio) (via yellowblog) (via ittm)

(via skyfook)

(via plasticdreams) (via ritchantaiin) (via gkojax) 2009-08-19 (via gkojay) (via jacony) (via tessar) (via usaginobike) (via lovecake) (via gkojax) (via hsmt) (via papermoon) (via jacony)


宇宙船は停止するのにも、加速時と同じだけのエネルギーを要する。特殊なテクニックを使わない限り、加速をやめた時点で燃料が半分残っていなければならない。これが宇宙の掟というものだ。
 

田植えをしたことのある者なら誰でも知っていることであるが、泥の中に足を踏みこむと我々は、我々自身を「外側から感じとる」という、奇妙な感触を得ることができる。
 
-

『当世もののけ生態学』:紙魚:So-netブログ

当世もののけ生態学 別役 実

(via ginzuna)

(via jacony)


触れられそうなのに届かないのがいちばん苦しさを感じるんだろうな。月が欲しくて泣いたりなんかしないもんな。
 

「神よ、願わくばわたしに、変えることのできない物事を受け入れる落ち着きと、変えることのできる物事を変える勇気と、その違いを常に見分ける知恵とをさずけたまえ」
 

こういう男性がいました。「あの、僕、メニューがないバーって初めてでして。どうやって注文したら良いのかよくわからないんですけど、たぶん彼女は飲みやすくてそんなに強くないもの、僕はさっぱりしたものが飲みたいんですけど。何か教えていただけますか?」完璧ですよね。こうやって言われれば、もちろんバーテン側も「あなたの味方になります。このデートを成功させるのを手伝わせて下さい」という気持ちになるんです。こういうことを言える男って、これからの人生困ったことが起きても上手く乗り越えられると思うんです。女性に「この人、すごく良い男ですよ。絶対に手放さないように」と心の中で伝えます。
 

♪データベース飛んだ
♪テストで飛んだ
♪backupまで飛んで
♪こわれて消えた

人は自分の名前を一番呼んでくれる人を好きになるように出来ている、という話をどこかで見かけたことがある。

出て行ってすぐのころ、部屋からあの人の匂いがなくなっていくのに気がついて、あの人の残していった服を抱きしめて泣いたことがあります。自分の時計は止まったままなのに、周りの環境ばかりあの人がいないことを前提にどんどん進んでいってしまう。
自分だけ取り残されたような気持ちになりました。  

サラリーマンはーいや、サラリーマンだけじゃなくて全ての働く人は、自分を必要とされる場所にいて、そこで活躍するのが一番幸せなんだ。会社の大小なんて関係がない。知名度も。オレたちが追求すべきは看板じゃなく、中味だ
 
- 「ロスジェネの逆襲」池井戸潤 (via lifehackerandsweets)

「ラブ・ストーリーは筑前煮」
-

Twitter / emi_haha (via chptr22)

♪なにから煮込んだら いいのか 分からないまま鍋は炊かーれて
♪浮かんでは 沈めてく ありふれた 具材だーけ

(via yoosee)

(via jacony)


「至急変身願います」というメールに「とうっっ!」とだけ返してきた上司とは、会社を辞めた今もつきあいがある。
 

兄「ミネラルウォーターって軍艦の名前っぽくね?」
弟「例えば?」
兄「仏海軍 巡洋艦ヴォルヴィック」
弟「おおw」
兄「米海軍 空母クリスタル・カイザー」
弟「ヤベェwww」
兄「だろ?w英海軍 駆逐艦コントレックス、独フリゲート艦ゲロルシュタイナー、海上自衛隊 護衛艦いろはす」  
-

Twitter / cuhuv

暇つぶしの天才さん。

(via kikuzu)

(via takojima)


彼女に伝えたい。光の奇跡について知ったことを、潮にたゆたう昼の光を、夜明けの青白い薄光を、真昼のまぶしい光を、夕方の黄金を、たそがれの希望を――日々の一瞬一瞬にそれぞれの魔法があることを。すべてのものは消えたらべつのなにかになることを、死んだあとも草の葉のあいだからふたたび立ちあがることを、種となって芽吹くことを伝えたい。
 
- アンソニー・ドーア「世話係」『シェル・コレクター』岩本正恵(訳) (via fffff9)

(via muhuhu)


会社の部下に『君は細かい所に気が利くね』と言い続けているとその人は本当に細かい所に気を配るようになる。レッテルは人の意識にゆっくりと浸透しその人を創造する。

言葉を扱う人はその影響力をその責任を認知しなくてはいけない。スパイダーマンだってそう言ってる。

でも、本当は言葉は単なるキャリアに過ぎない。
言葉よりも概念的なもっとプリミティブな何かを
僕らはちゃんと知覚できていないだけ。

ずっと心に描く
未来予想図は
ほら
だいたい思った通りに
かなえられてく。